健全になったキャッシングと貸金業者の比較

Posted by msadmin - 7月 21st, 2015

お金がないときでも、現在のキャッシング会社なら安心して借りることができます。
借金というと、「借金地獄で破産」や「10日で1割のいわゆるトイチの利息」などの恐ろしいイメージが頭に思い浮かんでしまいがちです。
しかし、現在の貸金業界というのはとても健全な業界に移り変わっています。
まずはその現状を知るためにも、名前を聞いたことのあるところから比較してみましょう。


-イメージよりも健全なキャッシング-

比較してみることで、よくわかりますが現在のキャッシング会社はとても健全です。
以前は「グレーゾーン金利」と呼ばれる法律の「穴」があり、一部の悪徳貸金業者が利用者を食い物にしていました。
しかし、数年前に行われた法改正によりグレーゾーン金利は撤廃されました。
以降、基準を超えた金利は法律で禁止になったのです。
そのため、現在は借りる金額に応じてしっかりと金利が変わるようになるなど、細かいところまで法整備が行き届いています。


-金融機関での違い-

さて、お金を借りられる金融機関は実は何種類かあります。
銀行、消費者金融、信販系金融機関の3つが主なキャッシング会社です。
ひと昔前までは事業主しか銀行からお金を借りることができませんでしたが、現在では個人向けのキャッシングも取り扱うようになっています。
消費者金融は、ひと昔前まで「サラ金」と呼ばれていましたが、法改正前の悪いイメージを変えるために消費者金融で統一されるようになりました。
銀行よりもお金を借りやすいのが大きな特徴です。
信販系は条件が独特のものがありますが、それを満たしていれば良いキャッシングができることもあります。

Comments are closed.

Blog Home